2018年4月22日日曜日

学び方は多様 → なら、教え方を多様にしないと!



 子どもたちの学び方は多様です。

   聞いたり、見たりするだけで、学べる子。
   読むことで学べること子。
   話し合って学べる子。
   一人でじっくり考えることで学べる子。
   感じることで学べる子。
   体験しないと学べない子。
   自分が教えることで学べる子。★

これだけ(これ以上の?)多様な学び方をする子どもたちが目の前にいますから、一つや二つの教え方で、すべての子どもたちがよく学べるようにはなりません。

多様な学び方に対応するための、多様な教え方を提供している本は、
『ようこそ、一人ひとりをいかす教室へ』
『「学びの責任」は誰にあるのか』
『「考える力」はこうしてつける・増補版』
『マルチ能力が育む子どもの生きる力』
などです。ぜひ、参考にしてください。

そして、今回焦点を当てるのは、ライティング・ワークショップ(WW)とリーディング・ワークショップ(RW)で使われている教え方です。

1時間の授業の中で、①ミニ・レッスン、②カンファランス、③共有の時間という3つの教え方を毎回しています。
教師が一方的に教える通常の一斉授業と似ているミニ・レッスンでは、よく学べない子たちも、②や③があとにあるので、救われる余地が多分にあるわけです。
さらには、教師は毎回、全員に対してカンファランスはできませんから、子どもたち同士の教え合い/学び合いが、ピア・カンファランス/ブッククラブ/作家クラブ/編集会議等の形で頻繁に行われます。(教える人が、教師だけでない、というのが何よりもいいです! この良さは、③の共有の時間でも同じです。)
そして、共有の時間の教える人は、教師ではなく、生徒ですから。この時間の方法については2月13日の「WWRW便り」で紹介したばかりなので、参照してください。

このように、教師が一人で頑張り続ける一斉授業よりも、少なくとも3種類の教え方をしているのが、子どもたちがよく学べる理由です。それを、表にまとめると、以下のようになります(出典は、『効果10倍の教える技術』の58ページ)。


①ミニ・レッスンは「伝統的な教師」、②カンファランスは「コーチ」、③共有の時間は「ファシリテーター」の役割に相当しています。

また、通常の授業よりも、はるかに生徒一人ひとりが主役になれる時間が長いというのも、子どもたちがWWRWが好きな理由であり、かつ書く力や読む力をグングンつける理由です。★★
そして、教師とのカンファランスの時間も、主役は間違いなく子どもたちです。教師が主役のカンファランスは、時間の無駄であり、弊害の方が、得るものよりも多いと言えるでしょう。(そもそも、そんな時間を子どもたちは楽しめるはずがありません。)
 さらに、①ミニ・レッスン、②カンファランス、③共有の時間がみごとに連動しています。バラバラではなく、相互に補完し合う関係になっているのです!


★ 出典は、『効果10倍の教える技術』の22~78ページです。

★★ このWWRW(=作家の時間や読書家の時間)での教え方を、いま算数、社会、理科等に「数学者の時間」「市民/歴史家の時間」「科学者の時間」という形で応用して実践していますが、子どもたちは、これらの時間もとても好きになりますし、力をつけます。子どもたちは、〇〇博士になるのが好きですが、この教え方はそれを可能にする教え方だからです。

2018年4月15日日曜日

『言葉を選ぶ、授業が変わる!』を読みました。



 教師の言葉や声かけを扱う本には、「教師が子どもにはこんな声かけをすればOK!」というような声かけのパターン、ハウツーが書かれている本が多くあります。しかし本書は、そのような本とはちょっと違います。

まず第1章の「言葉の使い方が、学ぶ内容や人間性を左右する」では、教師が選ぶ言葉が、子どもの学びにどのように影響するのかについて、事例をもとに丁寧に説明されています。

 『「明確に指導するだけで指導はもっとよくなる」という思い込みは、言葉を話すという事を「情報や知識を味気なくパッケージ化して運ぶ単なるシステム」とみなしています。ですが、このような考え方はまちがっています。社会的な交流の中で、言葉を話すということには、それ以上の働きが含まれています。たとえば、人に何か話すということには、目に見えない犠牲を払っているということでもあります。なぜなら、子ども自身で理解できるにもかかわらず教師が教えてしまえば、その子の主体性や自立心の感覚を形成する機会を奪ってしまうからです。』

 私が授業で実感していることであり、現在の大きな課題です。

 子どもが学んでいる様子をみていると「あっ、ここに気づいたらいいのに。声かけしよっかな。」と思うときがあります。しかし、子どもの学びに介入する事で、子どもの自立的な学びを停止させてしまうのではないか・・と考えて、結局じっと待つことにすることが多いです。そういうときは両手を後ろにまわし、笑顔で見守ります(怖い)。

 でも!じっと待つだけで本当にいいのか?と考えることがあります。実際、待つことで子どもの自立的な学びをある程度引き出す事ができます。しかし、待つことは、教える、与えるよりもただ
マシなだけであって、教師が子どもの学びを促進するアセスメントができたら、子どもはもっと深い学びができるのではないか、とモヤモヤしていました。

 子どもの自立的な学びを促すための言葉を、教師はどのように選ぶ必要があるのでしょうか。

 3章のアイデンティティーでは、その辺をもっと深く掘り下げています。教室で使う言葉によって、生徒の、そして教師のアイデンティティーが形作られる。だからまずは言葉によって、生徒と教師のアイデンティティー、そして2者の関係性を「答えを知っている人と知らない人」から「共に学ぶ人」に転換する必要がある、ということについて書かれています。

 4章は子ども自身が学びを選択できるような言葉を選ぶということについて。本書では、学習者が自分の学び方を自分で選択することを主体性として扱っています。(紹介者注・この点は、ちょっと違う気が! 何がどう違うか、ぜひ読んでみてください。)

本書を読んでいると、自分が今までどれだけ無自覚に言葉を使ってきたことか・・・と反省。
 しかし同時に、言葉って自覚してすぐに変えられるものではない!!ということにも気付かされます。
 言葉の根っこには、その人の受けてきた教育や経験、学びに対する姿勢、生徒との関係性や対峙したときにうまれる感情など、さまざまなものとつながり合っている、いわば身体知のようなもの。パターンやハウツーだけを学んで同じセリフを発しても、それは全く別の意味で伝わってしまう可能性が大きいです。
 その意味では、本書のような言葉を選ぶための根っこに触れようとする姿勢の本は貴重です。
 これからこういう本が増えるべき!

 ちなみに、『私にはラスト2つの章=「第7章 民主的な学びのコミュニティーをつくり続けるために」と「第8章 あなたは、「誰と話している」と思っていますか?」がいちばん響きました』と続きます。http://ikubodaisuke.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

 以上は、いま一緒に「科学者の時間」に取り組んでいる井久保先生の「読書記録」からでした。

2018年4月8日日曜日

年度当初の「子ども理解」



子ども理解のために、あなたはどんなことをしていますか?

『増補版「考える力」はこうしてつける』の第2章では「自立した学習者を育てる」のタイトルのもと、
 ・ポジティブな学習環境をつくる
(1)   人間関係
(2)   感情
(3)   知性
(4)   教室の中のものの配置
について説明した後に
 ・年度の当初にすべきこと
として
    ・お互いを知りあうための活動
              ・セルフ・エスティームを高めるための活動
    ・チームづくりのための活動
が32~54ページにかけて紹介されています。
いずれも、とても大切なことばかりです!

 でも、今日紹介するのは、自分の教える教科で子どものことを知るためのアンケートです。

 これを取るか取らないかで、授業の中で使うものやすることが、だいぶ変わります。
 一人ひとりの子どものことを踏まえた実践になるか、誰を対象に行っているのかわからない実践になるかの境目になります。

 学ぶ側からしたら、できるだけ自分の興味関心やこだわりなどに関連づけて教師が提示してくれた方が、一般的なことを一般的に提示してくれるよりも、はるかに身近に感じられ、そして打ち込んで学べます。
 要するに、教える教師と学ぶ子どもたちの接点をどれだけつくれるかが、子ども理解のポイントです。

 ぜひ、まだやっていない方は、今週早々、
や、『作家の時間』や『読書家の時間』の巻末に掲載されている年度当初のアンケートなどを参考にしながら、子どものことを知るためのアンケートをぜひやってください。
 なお、保護者に対して、子どもに関する情報提供を求めるアンケートをするのも、極めて効果的ですのでお忘れなく。子どものことを一番よく知っているのは親です。その人たちに情報提供してもらうことは、教育活動の出発点ではないでしょうか?

 ちなみに、このアンケートとは対になる、学期末や年度末のアンケートをすると、子どもも教師も、自分たちの成長を振り返ることができます。

2018年4月1日日曜日

前向きな教師がもっている特徴



ある資料を見ていたら、「建設的な学校文化に欠かせない要素」のテーマのもとに以下の19の要素が紹介されていました。

・あなたは、このリストを見て、納得するものばかりですか?
・どれは(あまり)必要ないと思いますか?
・このリストに、欠けている要素(付け足したい要素)は考えられますか?
・あなたの学校に欠けているのはどれですか?
・自分では思いつかない要素はありましたか?
・あなたの学校がより建設的な学校文化をもつために特に大事にしたいのはどれですか?

 当たり前のことですが、リストの半分弱は、コミュニケーションや協力するなどの対人関係が占めてします。★

 私が欠けていると思った要素は、「(共有された)ビジョン」です。
 「学校目標」とは違います。
 学校目標で、ワクワクできるものにお目にかかったことがありません。
 それに対して、ビジョンはワクワクするものです。
 お題目として掲げるものではなく、3~5年で何とかして実現したいと思える未来像です。★★ あの経営学の神さまと言われたピーター・ドラッカーは、「ビジョンのない組織は、消えた方がいい」と言い切っていました。それは、学校を含めた非営利組織に言えることです。それほど大切なものなのですが、残念ながら明確なものをもっていないところが、ほとんどです。

 今度は、学校という組織レベルではなく、教育のプロとしてのあなた自身に焦点を当てた時に、前向きな教師がもっている特徴を表す要素として捉えた場合、

・あなたがすでにもっている要素はどれですか?
・これから大事にしたい要素は特にどれですか?
・あなたはビジョンをもっていますか?

 組織レベルでも、個人レベルでも、私が大切だと思うのは、「ビジョン」と「学ぶことが好き」です。この2つがあれば、どちらのレベルでもかなりのことはできてしまうと思っています。(逆に言えば、この2つがないと、学校は変われないと言えます。)
 「学ぶことが好き」と訳しましたが、原語は「Love of learning」ですから、「大好き」というか「尋常ではない好きさ」です。ほどほどのレベルではダメなのです。
 自分の周りいる先生たちを、この要素で評価すると、「学ぶことが大好き」な人は何割ぐらいいますか? あなたは、同僚たちを「学ぶこと好き」にする方法を、もっていますか?



★ 対人関係に関しては、以下のリストと比較してみてください。

★★ ビジョンについて興味のある方は、『エンパワーメントの鍵』(クリスト・ノーデン-パワーズ著、実務教育出版)と、そのビジョンの部分を紹介している『校長先生という仕事』(平凡社新書)をご覧ください。


2018年3月24日土曜日

教師としての生き方


この時期は、卒業式や人事異動などで別れの場面がいくつもあると思います。先日、私も大学の卒業式で4年生を送り出しました。そのうち、60名弱が4月から小学校や特別支援学校の教師になります。その中で、卒論指導などで特にかかわりのあった学生に今の心境を尋ねると、「とても不安です」と口をそろえて言います。それはそうです。今までずっと「教わる」側にいた人間が「教える」側にいくわけですから、そう思って当然です。そこで、私は決まってこう言うことにしています。
    「心配ないさ。『子どもと共に学ぶ』『子供から学ぶ』それを貫けばいい。」
   
    教師は悲観主義よりも楽観主義で生きた方がよいのだろうと思います。教育とは、そもそも未来への期待であり、自分よりも後に来る者たちへその期待を込めたメッセージを伝えるのが教師の役割です。

生徒指導や学級経営で行き詰ったときは、どうしてもうまくいかないことが多いことから、悲観主義に陥りがちです。果ては、「子供が悪い」「保護者がわるい」「地域がわるい」など、他人にその責任を押し付けたくなるのです。それではますます負のスパイラルに入ってしまい、解決の糸口は見出せません。ここが勝負どころです。一度、その問題を考えることを止めて、そこから離れてみるのもいいかもしれません。

また、周りの同僚と話すこともいいと思います。同じ学校にいなければ、研修会などで顔を合わせる、近隣の学校の先生でもいいのだろうと思います。だれかと話すことで、これまで思いつかなかった視点で考えることができたという経験はだれでもあるでしょう。とにかく、一人で考え込まないことです。特に、若い先生方には気の合う仲間を作ることをお薦めしたいと思います。

学校も組織です。自分と気の合う人、合わない人、嫌いな人、いろいろいて当たり前です。嫌いだからと言って、口もきかない、仕事も一緒にできないようでは社会人失格でしょう。ただ、気の合わない人と仕事をすれば、ストレスがたまるのは当然です。本音も言えないことも多いと思います。だから、時には本音をぶつけられる仲間が必要です。それでなくても最近の学校はストレスの元となる要因が増えています。ストレスマネジメントもしっかりやらないと教師の仕事は務まらないでしょう。

私自身の話で恐縮ですが、20代後半に出合った同僚たちとの出会いがなければ、教師という仕事に本気になって取り組むことはなかったと思います。それぐらい仲間の影響は大きいのです。
    学級経営にしても、毎月自分は何に力を入れてやるかを考え、学級経営ノートを書くのが楽しくて仕方のない時期でした。
     
    意気揚々と教師になって、5年も経つと、一通り仕事の内容も把握できて、ある程度の自信もつくのが一般的です。教える内容も毎年そう変わるものではないですから、教材研究もそれなりにやれば通用します。この時期が教師としては一つの分かれ目でしょう。堀裕嗣氏は次のように述べています。

 教師は勘違いに陥りやすい職種である。~(途中略)~教師になりたての時代には学校教育システムにさまざまな疑問を抱いていた若手教師たちも、時が経つにつれて〈職員室の論理〉に馴染んでいく。自分たちは頑張っている、自分たちは認められていいはずだ、そういう確信に陥っていく。


 よく教師は『世間知らず』と言われますが、まさにこの「職員室の論理」に染まってしまうと、自分の実践の不甲斐なさを棚に上げて、「子どもがわるい」「保護者がわるい」と平気で責任逃れをするようになります。

    このような勘違いに陥らないためには、学校以外の世界との関わりを積極的に求めることが大切ではないでしょうか。自分の趣味のサークルでも良いし、学生時代の同窓生との交流でもよいのです。他職種の人との交流は学校を外から眺めるきっかけの一つとなります。また、学校の校区の地域社会の人々との接点も昔よりは格段に増えているはずです。そのような地域との交流の中で、様々な世代の人びとと接することで学ぶことも教師としての力量アップにつながるものだと思います。


引用
・多賀一郎・堀裕嗣(2016)『教師のための力量形成の深層』黎明書房

 

 

2018年3月18日日曜日

新刊『遊びが学びの欠かせないわけ』ピーター・グレイ著(築地書館)




私は、教育にかかわり始めた1985年ぐらいから、「自立した学び手をどう育てるか」をテーマに一貫して模索してきました。

今回の本はそのテーマに見事にフィットしているだけでなく、
視野を大きく広げてくれるものでした。

私が本書を日本に紹介した4つの理由:

①日本の学校、教育、学び、そして遊びについて見直すのにとてもいい本だから。
②教育関係者とは異なる切り口のお役立ち情報をたくさん提供してくれているから。
(狩猟採集という人類の歴史の99%がしていたことの詳しい情報!)
③学者にありがちな、単なる知識の書ではなく、アクションの書にもなっているから。
(息子の校長室での発言にショックを受けての、極めて個人的な物語でもある)
④楽観主義/信頼/ユーモアがベースに据えられているから。

どんな情報が紹介されているか、具体的な一つの事例を示しましょう。
私自身、小学校時代、近所の空き地でよく草野球をしていました。
それが見事に描かれているだけでなく、「遊びとしてするスポーツからの教訓」として、しっかり分析対象になっているのです(第8章の一部)。
著者が引き出した教訓は、次の5つです。

  教訓1 試合を続けたければ、全員を満足させ続けなければならない。
 教訓2 ルールは修正可能で、プレーヤーたちによってつくられる。
  教訓3 対立は、話し合い、交渉、妥協で解決する。
  教訓4 あなたのチームと相手チームの違いは一切ない。
  教訓5 よいプレーをして、楽しむことの方が、勝つことよりもはるかに重要。

これらは、社会人になってからもたくさんの使い道がある、とても大切なスキルやルールばかりです。それほど、組織立って行われるスポーツと比較して、遊びとして行われるスポーツには価値があるのです。(これらのどれ一つをとっても、今の子どもたちがしている大人のコーチがいる少年野球やサッカー、あるいは部活などでは、得られないものばかりですから。) しかし、それがここ数十年、急激に姿を消しつつあります。 このままで本当にいいのか、と真剣に考えさせられます。というか、部活問題以上のアクションが求められます。

本の中には、この手の情報が満載です。

切り口の違うこの本の紹介は、http://tommyidearoom.com/2018/03/05/post-993/
でも見られます。

詳しい目次やプロローグ等は、
で見られます。

割引情報

出版社が、49日発売の本を、 3月末日まで期間限定で割引販売をしてくれます。
定価2400円+消費税=2592円のところを、特別割引2400円(消費税、送料サービス)となります。
ただし、注文はすべて 訳者の私(吉田)= pro.workshop アットマークgmail.com  にする必要があります。
お名前、 ②郵便番号+住所 ③電話番号を書いて、お申込みください。
なお、5冊以上は、さらにお得な2割引き(12074円)+送料実費です。
※ 本の出来が326日なので、発送はそれ以降になります。


★ もちろん、外で遊んでいたのは男の子たちだけではありません、著者のグレイ氏は、ファースト・レイディーで国務長官だったこともあるヒラリー・クリントンが書いていたのを次のように引用しています。「放課後は毎日、週末も。そして夏休み中は、夜明けから暗くなって親に帰宅するように言われるまで。よく遊んだのを覚えているものの一つは、「追いかけっこ」です... 私たちはとても自立していましたし、たくさんの自由が与えられていました。しかしながら、いまの子どもにそのような自由を与えることを考えるのは不可能です。それを失ったことは社会としての大きな損失です。」

2018年3月11日日曜日

年度末の振り返り



 年度末は、何かと忙しい時期です。4月からの新年度も気になり始めていますし。

 しかし、毎年同じことを繰り返さないためには、振り返りが大切です。

 ぜひ30分を確保として(今日でも!)、次の10の質問に答えてみてください。

1. 今年度のハイライトは何でしたか? 特に、よかったことや成功したことです。
2. それらに共通することは何でしょうか? 自分がベストを尽くせる共通項は何でしょうか?
3. 逆に、自分が底にあったのはどんな時でしたか? 自分らしさを発揮できなかった時です。
4. それらに共通することは考えられますか? パターン/傾向のようなものです。
5. これまでに試したことがないことで新たに挑戦したことはありますか? それから、何を学びましたか?
6. 来年度は、何を試してみたいですか?
7. 来年度、何か変えてみたいことはありますか? あるいは、これ以上続けたくないと思っていることは? つまり、改善したいことです。
8. あなたがいま興味関心をもっていることは何ですか? もっと知りたいこと/学びたいことは何ですか?
9. そもそも、あなたはなぜ教師になったのですか? その目的に適う一年間を過ごせましたか? それは、なぜですか?
10.あなたは教師として過去一年間、どのように成長しましたか? あなたはどんな点で成長し続ける必要がありますか?

 教師が振り返ることは子どもたちへの影響が大きいですから、とても重要ですが、これらの質問(ないし、若干修正したもの)は、子どもたちにも大いに役立ちます。
 それは、通知表を渡すことよりも何倍も価値がありますから、ぜひやってください。
 自分の振り返りと子どもたちの振り返り以外に、使える用途は考えられますか?